自毛植毛と人工植毛、どちらが良い?

植毛には、ご自身の毛髪を移植して植え込んでいく「自毛植毛」と、人工の毛髪を植えていく「人工植毛」の2つの手術方法があります。

人工植毛の場合には、すぐにフサフサの髪の毛を手に入れることができる、費用が安いなどのメリットがありますが、その分、施術後の定着率が悪く、2~3年で半数以上の毛髪が拒絶反応などで抜け落ちていくため、定期的に移植を行わなければならないというデメリットもあります。


また、やはり人工の毛髪ですので、水分を含むと縮れやつかったり、見た目の違和感なども拭えません。

しかし、自毛植毛の場合には、見た目はもちろん、ご自身の毛髪ですので違和感がありませんし、拒絶反応もでないため、約90%以上の髪の毛が定着するといわれています。

これからはBIGLOBEニュース情報のことならお任せください。

いったん、定着をした毛髪は抜けることなく、生涯にわたって自然なヘアサイクルを生み出し、生え続けてくれます。もちろん、ご自身の頭皮から自然に髪の毛が生えてくるのですから、メンテナンスはヘアカットのみとなり、維持費は一切かかりません。



ただし、移植後に切り取った毛髪が生え揃うまでには、半年から1年程度かかりますので、その間は気になるという方もいらっしゃるようです。
あまりにも気になるという場合には、少し短めに切り揃えてしまう方が良いかもしれません。

手術の費用が、少し高額にはなりますが、生涯を通じて考えると決して高額ではないため、多くの男性から支持されている毛髪治療となっています。

今のところ、「自毛植毛」以上の画期的な薄毛治療法はないでしょう。

自毛植毛情報を見付けるのに、このサイトを参考にしてみてはいかがでしょう。